マーケや商品企画の仕事が人気となる理由

  • follow us in feedly

図表説明する女性

マーケや商品企画職がなぜ人気があるのか?
そう聞かれると、実は何となく憧れが先行しているだけで明確に回答できる人は少ない。

そこで私が人気の根拠を探ってみました。
「マーケや商品企画の仕事は、自分の価値観で現代社会を見極めて世間にトレンドを作り出す影響力のあるポジションだから」と言えるのではないでしょうか? そのうえその活動には企業の資金力を使える。

端的に言えば「給料が安定している文化人」というおいしい役割を担った人達ともいえるでしょう。 しかも名刺の肩書に「マーケティング部」や「広報部」と記載されていると、ただそれだけで賢そうな印象を持たれそうですしね。

未経験からマーケティング・広報・商品企画への転職を目指す方法

2ステップでキャリア形成する

それでは本題に入ります。
未経験でマーケティング・広報・商品企画への転職を目指すには、2ステップで転職を考えるのがベストです。

  • 1度目の転職・・・PR会社/広告代理店(20代)
  • 2度目の転職・・・志望業界の広報部(30代前半)

未経験者であればまずは広告業界へ転職して、どっぷり足を踏み入れる。そしてその後に専門家として事業会社の花形部署へ転職するという筋書きです。

30代前半を本格的キャリアのスタート時期に設定する

キャリアの点と点をつなぐ図

異業種への転職が出来る人というのは限られている。

誰にでもチャンスがあるのは若い時。20代で仕事に不満があって業界的にも先が見えない状況であれば、思い切って異業種を探したほうが良い。我慢し続ければその分だけ選択肢の幅は狭まってしまう。

30代以降になっても異業種へ転職できる人は、専門スキルを持った人のみ。かなり高いレベルのスペックを特定分野で求められるので、ごく限られた人のみに許された特権とでもいえるでしょう。

ここで言いたい事は、「20代の時は失敗を恐れずに動き回れ!」ということ。失敗してもやり直すチャンスの門が開かれている時間は意外と短いのです。

転職回数はネガティブ要因でなくなる

このキャリア戦略を採用すると必然的に転職回数が多くなってしまう。そこで懸念されるのは「転職は何回までなら不利にならないのか?」という質問。

その問いに対する答えは「業界・企業カルチャーによって異なる」としか言えません。確かに新卒一括採用がメインで、中途採用をほとんど受け付けないという会社はいまだに存在しますが・・・、確実に減ってきていることは確かです。

社会全体で「働き方」に対する改革を求められている現代。「終身雇用」が崩れて「成果主義」へと移行し「解雇の金銭解決」も事実上スタートしています。そして「正社員と非正規社員の賃金格差是正」が意味する事は雇用の流動化。

それにならって転職市場でも転職回数が多い事が理由で選考漏れする事例が極端に減っています。自分なりに目的を持ってキャリア形成していることをストーリーとして説明できると、むしろ高評価につながるのです。

収入アップではなくキャリアップを考える

転職する時の条件として年収は大事だと思うのですが・・・、高年収を狙うのは30代半ば以降にしましょう。

それまでは修行の身。大企業で雑務ばかりやっているより、中小企業で仕事を覚えたほうが成長スピードは速いです。収入アップではなくキャリアアップを目指すのです。そうすればお金は後からついてくるものです。

今狙い目なのは、ECコンサルタントやネット広告プランナー。 業界未経験であっても、20代でMARCHレベルの大卒であれば採用される確率が高いです。 まずはこの辺りの職種でじくり修行してみるのはおススメです。

  • follow us in feedly

≪関連ページ≫

IT業界
楽天とサイバーエージェントの評判から考えるIT業界への転職

ページの先頭へ戻る