前職の退職理由に「パワハラ」はありなのか?

  • follow us in feedly

≪目次≫

パワハラだったと伝えるのは好ましくない

面接

まずは一般論として、パワハラを前職の退職理由とするのは良くありません。なぜならば、面接官の脳裏には潜在的に次のような人物像がパッと思い浮かんでしまうからです。

  • 忍耐力がない人
  • 人間関係でトラブった人
  • 問題が発生すると他者に責任を求める人

いや、そうではない。「本当にひどかったんだ」「メチャクチャ理不尽なパワハラを受けていたんだから」「信じてくださいよ」と言いたい気持ちは分かります。

でもそれを客観的に証明するのはすごく難しい。パワハラ加害者の人物像や背後関係、さらには自分の置かれた状態を事細かに説明する必要があります。初対面の面接官の同情を引き、納得させるだけのストーリーを構築するのは至難の業でしょう。それだったらパワハラで辞めた事には一切触れないほうがいいのです。

もう一つの理由は、パワハラはどこの企業でも潜在的に存在する問題だからです。

東芝のパワハラ問題に対して、経営者の本音がチラリ

看板

近年騒がれた、パワハラ事例を見てみましょう。東芝の「チャレンジ」はだいぶ有名になりましたね。

東芝の場合は、資材調達部門の課長が期初の目標数字を掲げると、部長から「チャレンジ」と称して数字を上積みされていました。そしてカンパニー長が出席する全体会議では、チャレンジ分を含めた目標数字を発表せざるを得ません。つまりかなり下駄をはかせた目標数字が社内での公式数字として記録される。
想定通り月次目標の未達が続くと、部長から激しく叱責され、挽回策を強要される。何度も施策を繰り出しても目標数字には届かずじまいで、現場は疲弊し職場の雰囲気は悪化していく。
部長は課長に対して「自分で資料を作って目標数字を全体会議で発表したんだろ!数字の責任をとれ」と突き放す。

たまたま東芝の業績が大幅に悪化して、「倒産」の2文字がよぎるようになったことで、東芝のパワハラが世の中に知れ渡るようになりました。しかも一部の過激な上司がパワハラを行っていただけでなく、組織的だったことが明るみになっています。

東芝といえば、経団連会長を2人も輩出した日本を代表する企業です。その東芝が実はパワハラだらけのブラック企業だったというしょっぱい現実です。

世間の反応は「ひどい」「名門企業とは言えない」という批判的な意見が大半ではありますが、一部には「目標の上積みは当たり前だ」「昔はもっと頑張っていた」「軟弱な事をいっていたらグローバルで戦えない」というパワハラ擁護派とも聞こえる声もありました。
後者の発言はビジネス誌の名物経営者のコラムなどでチラホラ拝見します。コラムに出てくるような人は世間一般の評価など気にも留めないオーナー社長が多いので、パワハラ容認は経営者の本音と解釈できないわけでもありません。

トップダウン型企業でパワハラはおきやすい

パワハラ上司と部下

経営者が本音ではパワハラを容認してしまっているのは、トップダウンの命令を下しやすいからです。社長を頂点としたピラミッド型の組織では、恐怖政治を思わせるような軍隊型が望ましかったりします。軍隊の隊長は上官には忠誠を誓い、部下に対しては絶対服従を強いるので、自分だけでなく他人にも厳しく接する事が求められます。

でも実は、他人に対して厳しく接することが出来る人は少数派です。自分の仕事を完璧に出来ているわけではないという負い目もあるし、他人を攻撃して余計な軋轢を生みたくないという「事なかれ主義」も日本社会には蔓延しています。
だから自分にも他人にも厳しくできる人というのは、経営者にとって貴重な存在なのです。社内で嫌われているのにトントン拍子で出世していく人がいるような会社では、経営者が軍隊型の組織を望んでいるという事だと思って間違いないでしょう。

特に製造業は社員数・関連会社が多岐にわたるので、ピラミッド型の階層組織にせざるを得ない宿命にあります。東芝だけが特別ではないと思っていたほうが良いでしょう。サービス業の場合は現場からのボトムアップ型で経営がうまくいくケースが多いので、パワハラは起きにくい組織形態です。

退職理由は志望動機とセットにする

誰が何といおうともパワハラ行為は改めるべき行為です。ただ実態としてはどこの企業でもパワハラ被害にあう可能性はあるという認識をしておいたほうが良いでしょう。それが一般的な面接官の考え方です。
だから前職の退職理由をパワハラと伝えるのは得策ではありません。退職理由がセクハラというのも同じ理屈で駄目です。

それでは「退職理由を聞かれた時にどうしたらいいんだ?」という声が聞こえそうです。模範解答となるのは、転職先への志望動機を述べてそれを実現する為に前職を辞めたと伝えるのが理想です。前職が嫌になって辞めたのではなく、さらなるステップアップを求めて転職に踏み切った事を面接官へ示唆出来ればOKです。

面接でありのまま正直に話すというやり方もあるでしょう。全てを分かった上でやっているのであればOKですが、世間知らずな為に地雷を踏んでしまって苦労するというのは、時間と労力の無駄ですよね。面接ごとに想定問答集を作成してくれる転職相談先もある世の中です。便利なものは利用してみたほうが良いでしょう。転職相談所の使い方について詳しく説明しています。

  • follow us in feedly

≪関連ページ≫

転職相談
転職に失敗した人が語る「転職相談所の使い方」

ページの先頭へ戻る