銀行員ほど、理想(頭取)と現実(行員)のギャップが大きい職場を見かけることは稀です。このページにたどり着いた人は、脳内をリセットして将来キャリアを考え直すタイミングなのでしょう。

30代で社畜になる人生

東京の銀行

多くの20代銀行員が組織に対して抱いているモヤモヤ。

  • 面白くない仕事
  • 理不尽な社内ルール
  • 給料もたいして良くない
  • 上が詰まっていて昇進の見込みもない

それが30歳を超えると少し変わってくる。

  • 絶対服従すべき上司が見つかる
  • 稟議を通す為に媚びる術を覚える
  • 休日出勤すべきタイミングは完璧
  • 「社会的ステータスは高い」と日々自分を納得させる

20代の時に感じていた組織への違和感は徐々に克服され、今まで感じていた不都合な出来事を自己肯定するようになる。 銀行で生き残るための処世術を身につけると、人間味を失う事とイコールなのが恐ろしいところ。
世間一般とズレが大きい銀行業界では、そうしなければやっていけない。

果樹園で独立起業した元銀行員

農家への転職

何もつてのないところから果樹農園を開業した元メガバンク行員に話を聞く機会があったので、ここで彼の職業観を紹介してみます。

国立大学卒業後6年間(3回の転勤)銀行員として勤務し、同期より一足早く出世したので社内評価は悪くなかった。ところが社内評価とは裏腹に、本人の労働意欲は年々衰えていく。

振り返れば、銀行員時代は仕事内容ではなく名刺の肩書ばかり気にしていた。 会議では本音とタテマエを使い分けて常に物事の裏側ばかり探り、努めて感情を排除していたら自分を見失ってしまった。

特に彼の心を蝕んでいったのは、納得できない銀行特有ルール。

  • 意義を感じない仕事に費やされる膨大な時間
  • 仕事の為の仕事
  • 書類の為の書類

お客様の為にならない労働を機械的にこなしているうちに心がポキッと折れてしまった。

仕事が嫌いなわけではない。 むしろ労働意欲は高かった。 でも銀行の仕事に熱中するのは無理だった。 「もっと人間的な仕事がしたい。」そう強く感じて、農業大学校で学び新しい道を見つけた。

現在の彼は、果樹園の管理だけでなく、受発注業務や販路開拓まで一人でこなしている。
そのうえ近隣農家を巻き込んで、規格外品を集めた加工品工場の立ち上げプロジェクトも始まった。 市場へ出荷できない作物をゼリーやジャムへ加工したり、ペースト状にして化粧品会社へ売り込むことを計画している。

日の出~24時まで働き詰め。銀行員時代より忙しい。現にこのインタビューも倉庫まで商品を運ぶ軽トラに同席させてもらって実現している。それでも疲れてない。むしろハツラツとしている。

銀行員を辞めて3年が経過した今だからこそ気がついたのは、自分の仕事に誇りを持てれば、仕事は労働ではなくライフワークになるということ。

社会人になってから初めて「これでいい。」と思える仕事に出会えた。 そう感じた時に自分の内面が一段グレードアップしたのを実感できたという。 「変化し続ける自分が好きなのです。」と照れくさそうに、でも自信ありげに話してくれたのが印象的だった。

20代なら異業種への転職も可能

ポテンシャル採用

銀行員の転職先は、証券・保険・投信運用会社といった金融機関を思い浮かべがちですが、実は金融業界以外へ進む方が大半です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントによると、元銀行員の8割は異業種への転職を希望している。そして希望先は「これから伸びる業界でやり直したい」という人が多いです。

「そう都合よく転職できるのか?」という疑念をよそに、20代の銀行員であればいろいろな業界で歓迎されています。
そう聞くと「具体的にどんな仕事があるの?」と知りたくなるでしょう。

【銀行員の転職先変化】
転職先データ

上のグラフは、2018年5月12日付の日本経済新聞に掲載された記事から、「2009年と2017年の銀行員の転職先」として紹介されたデータをグラフ化したものです。ご覧になれば一目瞭然ですが、2009年は約半数が同業種の金融業界への転職でした。それが2017年になると同業種への転職は3割を切ります。コンサルティング業界、建設不動産、人材業幾分野、製造業等の異業種が増えていることが読み取れます。

若手の銀行員を積極採用する理由

ウェブ系の職場

市場規模が急拡大している業界は、圧倒的に人材が足りず、積極的に中途採用を受け入れています。 ただ、採用したいけど希望スペックに合う人材はほとんどいないのが悩みの種。

調子のいい業界では、各企業のエース級となる人材は仕事内容も待遇も恵まれているので、まず動きません。 そのうえ新しい分野となれば、そもそも経験者や有資格者の絶対数が圧倒的に少ないのです。

そこで各社が注目するのが、優秀な若手転職希望者。 業界未経験であっても、地頭が良い人なら短期間で知識を吸収してくれるだろうと期待されてます。 いわゆるポテンシャル採用という考え方で、第2新卒や既卒もターゲットになるのですが、大企業の社会人経験者が望まれています。 この条件に20代の銀行員はピッタリ当てはまります。

どうせなら、元銀行員という肩書を最大限活用して好条件の転職先を見つけたいですよね。それには実績豊富なキャリアカウンセラーからアドバイスを貰うのがベストです。
自分の行動原理をもとに転職先を判断しても、自分の殻を破ることは出来ません。 多角的な視点を得るために、最低3人のアドバイザーに相談すると良いでしょう。

そして最終的に自分の新しいキャリアプランが見えてきた場合のみ転職する! そうすれば、次の職場で成功する確率もグッと上がります。

銀行員の転職に強い転職相談所

銀行員の転職に強いエージェント

  1. パソナキャリア

    パソナキャリアは、銀行員のキャリアプランについて真剣に相談できる体制が整っている。 金融業界出身者を中心に専門チームを組んでいるので、リアルなアドバイスをもらえると評判です。
    若手だけでなくミドル層まで含めて幅広い年齢層のサポート実績があり、将来性を見据えた長期的視点で話ができます。
    金融専門のエージェントだと近視眼的になってしまう欠点がありますが、パソナキャリアならあらゆる業種を扱う大手なので情報量が圧倒的に多いです。 ビジネス界を俯瞰して、あなたの可能性を最大限に広げてくれます。

    サービス詳細

  2. BIZREACH

    BIZREACHは、自分のプロフィールを登録しておくと、優秀なヘッドハンター(相談相手)からスカウトが届く新タイプの転職支援サイト。逆にヘッドハンターのプロフィールを見て、自分から転職相談を依頼する事も可能です。
    従来までヘッドハンターとの付き合い方は、良くも悪くもお互いを深く知るウェットな関係にならないと、転職に成功する事はありませんでした。ところがBIZREACHのプラットフォームを利用すれば、1,800人ものヘッドハンターと接触することができます。もし一度会ってみて「何か違う・・・」と違和感を感じたら、その後の連絡を完全ブロックする事も可能。そしてまた次のヘッドハンターへ相談できるので、このシステムはとても便利です。
    彼らは人材市場のプロなので、第3者視点でアドバイスをもらう事が可能です。ときには優良企業の内部事情を探れるメリットもあります。「金融業界→事業会社の経営企画への転職」といったキャリアチェンジを目指すなら是非利用してみると良いです。

    サービス詳細

新タイプの転職プラットフォーム

新しいメディアの紹介

次に紹介する転職支援サイトは、新スタイルの転職メディア。このようなニューメディアを活用して、リクルーティング活動を行っている会社は感度のいい企業ばかり。
面白い会社と出会える確率が上がるので、積極的に登録する事をおススメします。

  1. リブズキャリア

    女性が活躍できる職場のみを扱う会員制転職メディア。
    最近の特徴は「金融系」「ネットマーケ系」「メディカル系」に関する女性への求人ニーズが急増しています。一生働ける(=ライフイベントの変化に対応してくれる)柔軟な職場が見つかる可能性が高いです。

    サービス詳細

  2. ミイダス

    このツールを利用した人たちの口コミを紹介。「○○大学卒の○○歳の銀行員がどのような転職をしたのか?が参考になった。」「転職前と転職後を知る事ができる点が面白い。」「簡単な登録だけで適正年収が分かった。」200万人の年収データが公開されているから、年齢・職種・学歴から自分の適正年収を把握できます。

    サービス詳細

狙い目は新分野・再編業界

飛躍の時

元銀行員の転職先として注目されているのは、ウェブ系企業・広告代理店・出版業界。 これらの業界はいままで全然別々の分野と認識されてきたけど、これから先は違う。もう既に業界再編は始まっており、群雄割拠の状態。

代表的な企業名をあげるとすれば、サイバーエージェントの事業変遷をたどると分かりやすい。 もともとクリック課金のネット専業広告代理店として創業し、その後にアメブロに代表するようなウェブメディアを展開している。そしてさらに、ネットからリアルへ逆進出するにあたって出版業もこなす企業へと変貌を遂げている。

株式会社KADOKAWAもこの分野の注目企業。 もともとは角川出版だけど、今はニコニコ動画を配信するドワンゴと経営統合して、巨大ウェブ系企業へと変貌した。

電通や博報堂もグループ傘下に、アドネットワークを提供するDSP企業を抱える。

いずれも既得権益や従来秩序を破壊しながら、これから誕生する巨大マーケットを狙いにいっている。そのような市場では、スピード・吸収能力・変化への対応力・柔軟な発想ができる人材が求められる。

規制にがんじがらめになって、減点主義で評価が決まる金融業界とは真逆の世界。 挑戦してみる価値はあるでしょう。

もし1回目の転職に失敗したとしても、成長分野で仕事をしていれば再転職のチャンスはいくらでもある。 絶対に安泰な会社などない。
守るより攻めた方がいい!

フィンテック企業への転職は難しい

銀行員のキャリアコンサル現場でよく耳にするのは、「フィンテック関連企業で良い転職先を紹介して欲しい」という依頼。
チャレンジ精神が旺盛な人が多いので応援したいけど、実際に元銀行員のキャリアを活かせる職場は少ない。 まだ市場創世記である為、今のところエンジニアの求人のみです。

とはいえ今後この手の分野が伸びてくることは確実なのだから、フィンテック関連ビジネスをウォッチして転職タイミングを測って準備をしておくのが賢明でしょう。
基本的な技術動向と銀行機能の代替となるサービスモデルは、銀行員が抑えておくべきフィンテックの動向でまとめています。

【閑散話題】社風を見極めるコツ

銀行員は在職中にうつ病になる人が多い職業といわれている。これは社風というより職場の人間関係に起因することが多く、職場のカラーは支店長の性格が色濃く出る。 宴席が好きな支店長が上司だと、部下はアルコールハラスメントと感じても、上司は飲みニケーションとご満悦だったりするから厄介ですね。

ただどこの銀行も基本的な社風はあり、その社風にそぐわない中間管理職は、閑職へ追いやられるのがお約束事。

代表的な社風
  • 三菱UFJ銀行

    東大・慶応学閥が強くエリート主義。海外案件をやりたい人に門戸が開かれている。

  • 三井住友銀行

    大阪商人の血を引く住友系が牛耳っている体育会系。メガバンクの中で一番ノルマがきつい。

  • みずほ銀行

    統合前の派閥がいまだに残っていて風通しが悪い。組織も官僚的。

  • りそな銀行

    メガバンクに入れなかった人たちの吹きだまり。メガへの劣等感と地銀に対する優越感でモヤモヤしている。

  • 横浜銀行

    神奈川県以外では通用しないのに、地銀の雄というプライドが高い。

  • 千葉銀行

    前例主義で新しい事には挑戦しない保守的な社風。優秀な人材は20代で去っていく。

「会社の体質は納得できないけど尊敬できる上司のために頑張る」というのは、苦労が多い割には得るものは少ない。 社風を見極めるヒントは、昇進スピードが早い人の性格を分析する事です。

「捨てられる銀行」

今や銀行マンならば必読の書となっている一冊の本をご存知ですか? 池井戸潤の小説ではなくて、「捨てられる銀行 (講談社現代新書)」です。

この本が注目された理由は、金融庁が方針転換していった背景と今後の方向性が記載されているから。 かなり大胆に本の内容を3行でまとめます。

①担保主義・保証協会ありきの融資はNG。
②各行の目利き力で融資する体制づくりを推奨。
③目利き力とは、決算書では評価できない定性評価(ビジョン・地域貢献・経営者)で融資する事。

確かに正論です。
過去何十年の銀行業務は、金融検査マニュアル重視の体制でやってきたのが現実です。

ただ問題はここから。
金融庁の方針転換には目を覚まされたが、もっとびっくりしたのは各銀行幹部の言動。
彼等は一夜にして金融庁の新意見を丸呑みして、事業性融資件数をノルマに設定して営業最前線へプレッシャーをかけ始めたのです。

現場サイドからすると、中小企業円滑化法の影響がまだ残っているのに事業性評価なんて全然無理・・・。 それなのに、稟議書には定性評価シートの添付が必須となり、毎月モニタリングも始まりました。 「事業性評価融資の増加」=「営業最前線の事務作業が急膨張」という図式。

それと同時進行で働き方改革も始まり、残業管理が厳しくなる一方。もう、上司に見つからないように仕事をするしかありません。 なぜ一生懸命働いているのに、コソコソしなければならないのか? 「行き場のない怒りしかこみ上げてこない」と吐き捨てた銀行員の苦悩した表情が印象的でした。

営業最前線へ強烈なプレッシャーをかける幹部だって人間です。 内心では金融庁への反発心があるだろうけど、そんな事を言ってられない事情があるのです。
それは金融庁から金融仲介機能のベンチマークの公表を迫られたから。 ちなみにベンチマークは55項目あり、「捨てられる銀行 (講談社現代新書)」に書かれている内容と合致します。 「〇〇銀行 金融仲介機能のベンチマーク」と検索すれば、誰でも各行のベンチマークを閲覧できるので、銀行幹部としてはその新ルールを無視することは出来ません。

こうして誰もが腹に一物を抱えて、理不尽な状況に苛立っているというのが銀行業界の現状でしょう。